• z
  • お申し込み・お問い合わせはこちらまで 0120-93-2299

受付時間 10:00~19:00(年末年始除く) 業務届出番号 G2011785

オンラインなら24時間受付!

お申し込み お問い合わせ

お申し込み

MENU

d

業務届出番号 G2011785

光コラボレーションモデルとは?

光コラボレーションモデルとは、NTT西日本、NTT東日本の提供する光ファイバーサービス「フレッツ光」を他の事業者が借り受け、事業者がオリジナルの料金やサービスを再販する形態の光ファイバーサービスのことをいいます。


卸業者であるNTTとしては現加入者の流出を防ぐメリットや販売にかかる費用の削減などメリットがあり、ユーザーとしては、光ファイバーの通信速度や信頼性はNTTそのままに、さまざまな事業者がオリジナルのサービスを付帯して提供することで、価格競争やサービス向上につながるメリットがあると考えられています。


現在では300社以上の様々な光コラボレーションが提供されています。

  • これまでの光回線モデル

    これまでの光回線モデル

  • 光コラボレーションの光回線モデル

    光コラボレーションの光回線モデル

光コラボレーションのメリット

事業者が光ファイバーサービスを直接ユーザーに提供することによって、自社のサービスと組み合わせた、これまでになかったサービスを提供できるようになります。ユーザーにとっては、多様なプランの中で自分に合ったプランを選択できるようになります。

例えば、すでに提供されている内容からでいえば、NTTドコモが提供の光コラボレーション「ドコモ光」にドコモの携帯電話を利用中のユーザーがスマホとのセット割に申し込むと、月額料金が割引になる、といったプランが提供されています。

様々なプランの中で自分に合ったプランが選べる!

  • 事業者A

    事業者A

  • 事業者B

    事業者B

  • 事業者C

    事業者C